陰性の食材の食べすぎ注意!冷えにつながることも

冷え性に悩んでいる人は体を冷やしてしまうような食べ物は避けるようにしましょう。
「陰性の食材」と言われるものを食べ過ぎないようにすることをおすすめします。
体を温めてくれる食材を選んで食べるようにしてください。

陰性の食材の画像

陰性の食材には要注意

食材には「陽性」「中庸」「陰性」の3つの種類があります。
冷え性の人が積極的に食べたいのは「陽性」の食材。
太陽のエネルギーを豊富に含んでいて、体の中から温めることができます。
「中庸」は陽でも陰でもない食材で、主食にするのにおすすめです。

冷え性の人は陰性の食材をあまり食べない方がいいでしょう。
体の中を冷やしてしまい、悪化させてしまいます。
夏の暑い時期に食べたくなるもの、暖かい地域の人が食べているイメージのある食材には要注意です。

陰性の食材の特徴

陰性の食材には特徴があります。
まず一番気をつけたいのは科学的に作られたものです。
添加物などの多くは体を冷やしてしまいます。
精製されて色が白くなったものも冷え性の大敵です。

やわらかく水分を多く含んだものも要注意。
地上でまっすぐに伸びるものや加熱するとやわらかくなるものも陰性の食材になります。
中には健康的な栄養素を豊富に含んでいるものもあるため、食べ過ぎには気をつけなければなりません。

食べすぎない方がいい食品

冷え性改善のために食べ過ぎに気をつけるべき食材の例をあげていきます。

  • トマト
    やわらかく水分の多いトマト。
    非常に栄養価が高く、健康のために食べている人もいますが冷え性の方は注意しなければなりません。
    生で食べるよりも加熱したものがおすすめです。
  • バナナ
    南国のフルーツであるバナナは栄養価も豊富で、ダイエットにも最適と言われています。
    けれども陰性の食べ物なので、体を温めるのには不向きです。


冷え性に悩む人は陰性の食材を食べ過ぎないようにしましょう。
中には栄養価が高く体にいいものもあります。
けれども食べ過ぎは体を冷やしてしまい、冷え性を悪化させてしまうので、量を調節して食べるようにしましょう。

Comments are closed!