冷え性対策レシピ

冷え性改善のためには根野菜がおすすめです。
体の中から温めてくれる野菜なので、冷えの根本的な原因から改善してくれます。
様々なレシピがあるので食卓の献立にとりいれていってみましょう。
体を温めてくれるスープのレシピをご紹介します。

冷え性改善のためには根野菜

根野菜は体を温めてくれる食材です。
冷え性の人は積極的に取り入れたいもの。
土の中でまっすぐに伸びて育つ今野菜は「陽性の食材」として親しまれてきました。
太陽のエネルギーを豊富に含んでおり、体に取り入れることで中から温めてくれます。

デトックスの効果もあり、体の中から余分な毒素の排出を促してくれます。
体内がすっきりすれば血液もキレイになり、体の隅々まで血液が行きわたるようになります。

けれども根野菜のとり過ぎには注意が必要です。
根野菜の多くに含まれている食物繊維は「不溶性食物繊維」なので、とり過ぎは便秘を引き起こす可能性があります。
水分を調節しながら適度に食べて体を温めるようにしましょう。

不溶性食物繊維とは
食物中に含まれている、人の消化酵素で消化することのできない物質のことです。
水に溶けない不溶性食物繊維と水に溶ける水溶性食物繊維に大別できます。
引用元:食物繊維 | e-ヘルスネット 情報提供

根野菜のスープ
【材料】
・ ★レンコン
・ ★さつまいも
・ ★ジャガイモ
・ ★里芋
・ ★ごぼう
・ 玉ねぎ
・ ベーコン
・ 牛乳
・ ローリエ
・ 塩
・ 酢
・ オリーブオイル
・ 胡椒

【作り方】

  1. ★の皮を剥き、細切りにする。水1リットルに対して10gの塩、酢を少々入れたものにつけておく。
  2. 玉ねぎ、ベーコンも細かく切る。
  3. 鍋で玉ねぎとベーコンをオリーブオイルで炒める。玉ねぎの色が変わったら1のものを水を切って一緒に炒める。
  4. 鍋底に野菜がくっつくようになったら水を500ml加える。ローリエを加えて強火で加熱する。煮立ったらアクを取り、弱火で煮込む。野菜に火が通ったら牛乳を加え、塩・コショウで味を整える。

根野菜を積極的にとることで冷え性を改善させることができます。
とり過ぎには注意が必要ですが、冷え性改善のために調節しながら食べるようにしましょう。
体の芯から温まり、手先・足先まで血液がめぐるようになります。

Comments are closed!