体を冷やす飲み物を知っておこう

温かい飲み物の中にも、体を冷やしてしまう恐れのあるものがあります。
それらの飲み物は一時的には体を温めてくれるのですが、時間が経つと帰って体温が下がってしまいます。
冷え性の人は飲む量に気をつけなければなりません。

体を冷やす恐れのある飲み物

以下の飲み物は体を冷やす恐れがあるの飲み物なので、大量に飲むのは控えるようにすると良いでしょう。

  • コーヒー
  • 緑茶
  • 白湯
  • ミルク


リラックスの効果もあり、「大好き!」という人もいるのではないでしょうか。
けれどもこれらの飲み物は体を冷やしてしまう恐れがあります。

もちろん温かい状態で飲めば一時的に温めてはくれるのですが、その後徐々に体を冷していってしまいます。
寒い時には特に注意がひつようです。
飲みすぎないように気をつけましょう。

寒い時におすすめの飲み物

  • 紅茶
  • 烏龍茶
  • ココア

お茶を飲むのであれば茶葉を発酵させたものを選ぶようにしましょう。
体を温めてくれます。
紅茶に生姜を加えると冷え性改善の効果はアップします。

カロリーが気になるようですがココアも温まるにはちょうどいい飲み物です。
入っているポリフェノールが血管を広げて血流をよくしてくれます。
飲み過ぎには中が必要ですが、寒い時に適度に飲む分にはおすすめです。

カフェインのとりすぎに注意

コーヒーや緑茶、紅茶の中にはカフェインが含まれています。
カフェインは頭をすっきりさせてくれる働きがあるため、毎日飲んでいるという人もいるのではないでしょうか。
もちろん体にいい面もある成分です。

けれどもとりすぎると冷え性を悪化させる恐れがあります。
利尿作用が強く水分の排出を促すので体温が下がりやすくなります。
その結果体が冷えてしまうのです。
また交感神経が刺激されるので体が緊張しやすくなります。
筋肉がこり固まると血流が悪くなり、冷えの原因になります。

温かい飲み物でも、冷え性の人は注意しなければならない飲み物があります。適度に飲む分には健康的かもしれませんが、飲み過ぎには注意しましょう。特にカフェインの入っている飲み物は要注意です。

Comments are closed!