Archive for 6月, 2017

陰性の食材の食べすぎ注意!冷えにつながることも

冷え性に悩んでいる人は体を冷やしてしまうような食べ物は避けるようにしましょう。
「陰性の食材」と言われるものを食べ過ぎないようにすることをおすすめします。
体を温めてくれる食材を選んで食べるようにしてください。

陰性の食材の画像

陰性の食材には要注意

食材には「陽性」「中庸」「陰性」の3つの種類があります。
冷え性の人が積極的に食べたいのは「陽性」の食材。
太陽のエネルギーを豊富に含んでいて、体の中から温めることができます。
「中庸」は陽でも陰でもない食材で、主食にするのにおすすめです。

冷え性の人は陰性の食材をあまり食べない方がいいでしょう。
体の中を冷やしてしまい、悪化させてしまいます。
夏の暑い時期に食べたくなるもの、暖かい地域の人が食べているイメージのある食材には要注意です。

陰性の食材の特徴

陰性の食材には特徴があります。
まず一番気をつけたいのは科学的に作られたものです。
添加物などの多くは体を冷やしてしまいます。
精製されて色が白くなったものも冷え性の大敵です。

やわらかく水分を多く含んだものも要注意。
地上でまっすぐに伸びるものや加熱するとやわらかくなるものも陰性の食材になります。
中には健康的な栄養素を豊富に含んでいるものもあるため、食べ過ぎには気をつけなければなりません。

食べすぎない方がいい食品

冷え性改善のために食べ過ぎに気をつけるべき食材の例をあげていきます。

  • トマト
    やわらかく水分の多いトマト。
    非常に栄養価が高く、健康のために食べている人もいますが冷え性の方は注意しなければなりません。
    生で食べるよりも加熱したものがおすすめです。
  • バナナ
    南国のフルーツであるバナナは栄養価も豊富で、ダイエットにも最適と言われています。
    けれども陰性の食べ物なので、体を温めるのには不向きです。


冷え性に悩む人は陰性の食材を食べ過ぎないようにしましょう。
中には栄養価が高く体にいいものもあります。
けれども食べ過ぎは体を冷やしてしまい、冷え性を悪化させてしまうので、量を調節して食べるようにしましょう。

冷え性にお勧めの生姜は料理にも飲み物にも使える

冷え性改善におすすめの食べ物といえば生姜です。
生姜に含まれている成分を上手にとることで体の冷えを改善させることができます。
料理だけでなく飲み物にも応用できるので冷え性に悩む人はレシピを工夫して取り入れてみましょう。

生姜の中に含まれるジンゲロール

生の生姜にはジンゲロールという成分が含まれています。
体内に入ると血管を拡張させて、体の隅々まで血液がめぐるようになります。
しかし体の末端は温まりますが、逆に体の深部は冷えてしまうのが特長です。

ジンゲロールは加熱や乾燥させるとショウガオールに変化します。
こちらは体内に取り込むと胃の壁を刺激し、体の芯を温めてくれます。
その結果全身が温かくなります。

料理にとりいれてホカホカに!

冷え性改善のためには献立レシピの中に生姜を取り入れてみましょう。
できるだけ乾燥か加熱した形で入れるようにします。
そうすることで体温が上昇し、冷え性が改善するでしょう。
他にも解毒作用や解熱作用、腹痛や吐き気を抑える働きもあるので、風邪の時などに取り入れたい食品でもあります。

きんぴらなどを作る際に混ぜたり、すりおろした生姜で生姜焼きを作っても美味しく食べられます。
生姜焼きは豚肉だけでなく、カブ、こんにゃくと玉ねぎと一緒に炒めるのもおすすめです。
温かいスープもおすすめです。

乾燥生姜の作り方

生姜を乾燥させておけば長く保存できるため大変便利です。
生姜を薄くスライスし、天日干しにして1日置いておくか、1週間ほど室内で乾燥させればできあがります。

できあがった乾燥生姜をフードプロセッサーで細かく砕けばパウダーとして幅広く活用することができます。
料理などに混ぜられるだけでなく、紅茶などの飲み物に振りかけて生姜風味を楽しむこともできます。
》乾燥生姜の作り方|生姜乾燥機《

生姜は冷え性の方にはおすすめの食材です。
体の末端だけでなく深部から温めてくれます。
料理でも飲み物でも楽しむことができるので、冷え性改善のためにとりいれていきましょう。